BABYMETAL ダークサイド「メタルレジスタンス第7章」は素晴らしい!(前編)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 2019年から始まった「メタルレジスタンス第8章」ではライトサイドとダークサイドとが融合しMETAL GALAXYを形作り、その空間をBABYMETALは旅している!そう、 METAL GALAXY WORLD TOURです。

 では、ライトサイド、ダークサイドとはなにか?今回はダークサイドについて。

 ダークサイド。それは2018年メタルレジスタンス第7章「BABYMETAL WORLD TOUR 2018」の開始とともにカンザスシティーで始まった海外ツアーのもう一つの名前。しかし、そのダークサイドとはどんな物語だったのでしょうか?

 気になりますか?ではちょっとお話を聞いてください。

 その前に、BABYMETALをご存知ですか?

BABYMETALはSU-METALとMOAMETALで構成されるダンス・メタルユニット

 BABYMETALは2名のオリジナルメンバー SU-METAL、MOAMETALのユニットで、バックバンドに神バンドといわれるギター×2、ベース、ドラムの4名の楽器隊という構成がコアになっています。また、2019年からはアベンジャーズというダンスサポートメンバーが加わっています。BABYMETALのメンバーはお名前や芸能名は伏せられ秘密のメンバーとして扱われます。

 まずは、神バンドについて紹介します。

神バンドは4名の楽器隊

 神バンドは4名の凄腕ミュージシャンが選ばれ参加します。2018年までは日本人ミュージシャンでしたが、2019年以降は海外公演では外国人の凄腕ミュージシャンで構成されています。この外国人のミュージシャンメンバーがどういう方々か!についてはこちらの記事で詳しく書いています。 

suxzuxme.hateblo.jp

 神バンドの次は、アベンジャーズというサポートダンサーについて紹介します。

サポートダンサー

 2019年から始まった「メタルレジスタンス第8章」では、アベンジャーズと言われるサポートダンサーが追加されました。このアベンジャーズとは3名で構成されライブ毎に1名選ばれます。3名は、「モーニング娘。」(9期)の元メンバー鞘師里保さん、成長期限定ユニット「さくら学院」(2015年度ー2017年度)の元メンバー岡崎百々子さん、同じく成長期限定ユニット「さくら学院」(2015年度ー2019年度)藤平華乃さんの3名とファンの間では言われています。

 これらは2019年から始まった、「メタルレジスタンス第8章」 METAL GALAXYを行くBABYMETALの構成なんですよ。

 しかし、BABYMETALは時代によって、その構成を変えています。

進化するBABYMETAL

 BABYMETALはメタルxダンスユニット。アイドルグループ。いろいろな呼ばれ方はありますが、なぜBABYMETALに魅了されるのか。人それぞれに答えがありそうです。その答えの一つに、BABYMETALそのものに物語を感じるからかもしれません。

ライトサイド

 BABYMETALは15歳位から海外大型フェスや、多くのライブで公演するなど今までにないアクティブな戦略でファンを驚かせています。それはまさに戦いで、その過程に物語を感じるのではないかと思います。この時のBABYMETALは後に「ライトサイド」と呼ばれます。

 こちらの記事にもうすこし詳しく書いています。 

suxzuxme.hateblo.jp

しかし、ライトサイドBABYMETALに険しい未来がまっていました。

ダークサイド

 記事を読み進めていて混乱する箇所があります。それは”BABYMETAL"のメンバーではないでしょうか?ある記事では3名、ある記事で2名。ある記事ではサポートメンバー??アベンジャーズ??でっどれが本当?って思いますよね。実は2018年にオリジナルメンバーのYUIMETALが体調不良に陥ってしますのです。そして・・

そのことにふれている記事はこちらです。  

suxzuxme.hateblo.jp

 

 さて、まさに、この時期、BABYMETALの危機。「ダークサイド」です。

 

 ダークサイドが始まった時代の雰囲気を感じていただけたら嬉しいです。すこし長かったので簡単におさらいです。

BABYMETALのダークサイド突入までのおさらい

ちょっと長くなったので、簡単にまとめます。

  • 2011年 ライトサイド「BABYMETAL」誕生!
  • 2014年 本格的海外ツアー開始「メタルレジスタンス第2章」!
  • 2015-2017年 「メタルレジスタンス第3章」~「メタルレジスタンス第5章」
  • 2018年 「メタルレジスタンス第7章」ダークサイドに突入。YUIMETALの欠場と脱退によるBABYMETALの危機

そして、このBABYMETALの危機をどのように乗り越えたのか!

「メタルレジスタンス第7章」で出した、答えの一つが「ダークサイド」だったのです。

「メタルレジスタンス第7章」の幕開け

ダークサイドとは?

 結局、ダークサイドは「メタルレジスタンス第7章」のコンセプトです。

 

 「メタルレジスタンス第5章」までがBABYMETALの3名が築き上げた「ライトサイド」という物語、

 そして、「メタルレジスタンス第7章」では選ばれた7名でBABYMETALの物語を行うという宣言で、光に対する闇として、「ダークサイド」と呼ばれ、外典と位置付けられています。

 2018年4月1日にリリースされたBABYMETAL公式から発表されたコ「メタルレジスタンス第7章」コンセプト動画です。

関連動画リンク
METAL RESISTANCE EPISODE VII - THE REVELATION -

 2018年初頭、まだ、YUIMETALの去就が不明だったことを思い出してください。

 

 動画の中で謳われているTHE CHOSEN SEVENとはどういう意味なのかファンの中でも話題でした。

 7名という意味も、”3名のオリジナルメンバーと固定された4名の神バンド”として完全なロックバンドとしての活動、”3名のオリジナルメンバーに4名のダンサーを加えた?”・・様々な憶測・・この時点ではファンも今後どうなるか、なにがなんだかわからなかったのです。ただ、この時点ではYUIMETALの復活はだれしも疑わなかったのではないかと思います。

 

 そして「メタルレジスタンス第7章」のTHE CHOSEN SEVENがなにかを明かされないまま、時は進み、海外ツアーの初日である”カンザスシティー公演を迎えた。そして幕があがり、初めてダークサイドBABYMETALはその姿を明かすのでした!

THE CHOSEN SEVENとは?

 暗雲立ちこむ中、YUIMETALを欠いてカンザスシティーの会場に立つBABYMETAL。

 SU-METALはいくつかのインタビューで、ここカンザスシティーでは、「観客からの反応が怖い、なにかあればMOAMETALを守る」という決意だったと話しています。そうです、メンバーに変更、ダンサー追加という大きな変化があることをファンに伝えないままの開演ですから反応が怖いのは当然です。

 しかし、そんな心配も余所に、カンザスシティー公演の観客は、そのライブに興奮し熱狂の渦を作り、新しいBABYMETALを歓迎するのです!また、BABYMETALも確かな手ごたえもつかんだはずです。そうです、カンザスシティーは、

 新たなBABYMETALとして再出発を飾るライブとなりました。

 もちろん告知無しにメンバーを変えたことに不満があるものの、BABYMETALの奏でる爆音とダンスはより観客を魅了していくのです。

 

 そして、そのBABYMETALを支えたのが新しいダンスサポートメンバーであるTHE CHOSEN SEVENです。

 

 

THE CHOSEN SEVENに続く!

  

suxzuxme.hateblo.jp

 

あぁ、今日は時間となりました。

 

続きはまた今度!

Copyright ©crow's nest All rights reserved.

プライバシーポリシー・問合せ